【SNUPER】SWEETUNEが売れる世の中であってほしい。 

b0296300_14111568.jpg

Snuper.すぬぽ。2015年11月デビューの6人組。
ここがそろそろ、なんとか。。。なんとか、どっかーんと売れてくれないかなっ! 
と去年暮から祈るような気持ちで見守っています。

とはいえ、このグループのことメンバーのこと、そんなによく知らないのです。なんじゃそら。
この子たちがかわいいとか大好き、とかそういう話ではなくて(いや好きですけど)、それはそれとして、それとは別に、まず私のどストライク神こと、SWEETUNEの全面プロデユースを受けているから、です!
SWEETUNEさんとこが手掛けたグループに、いま、再びどっかーーんと売れて欲しい! 
そういう時代になってほしい、そういう世の中であってほしい。とまあ、そういうことなんです。

SWEETUNEは、ハン・ジェホ氏とキム・スンス氏が08年に立ち上げた音楽制作チーム。
もともとは会社名だった為、長い期間、作曲者クレジットも個人名義で、一般大衆が目にする名前ではなかったのですが(2015年くらいからSWEETUNE名義でクレジット出すようになりました)、いわずとしれたKARA,Infiniteなどに大ヒットナンバーをたくさんもたらし、ビッグネームにのしあげた人たちのことです! 彼らがいなければ、KARAとピニの大化けはなかった、とさえいわれてる方たちです!
もともとは、SMのA&RにピックされてSMお抱え作曲家だったので、昔から、SMの諸グループやソロに曲を提供することが多いし、単発の仕事をいれると、他にも幅広いグループに曲を書いています(日本のアイドルグループにも)。

私はですね、彼らが作る曲の傾向が、すごく好みなのです。ドンピシャです。
延々聞いていても飽きないくらい好きです。なんかもうDNAレベルで好きです。
しかし、更に気に入っているのは、彼らの場合、ただ曲を書くだけでなく(そういう仕事もあるでしょうが)、そのグループの全面的プロデユースをまるっと請け負うのが得意、というところです。

そう書くと、お察しのいい方におわかりでしょうが、そういう人たちとの仕事、よく言えば「全面プロデユース」ですが、悪く言おうと思えばいっくらでも悪くいえるんですよね。曲や詩にこだわるのはいいけれど、「もうそんなのどっちてもいいよっ」的な細かい音や言葉一個一個までこだわってて面倒臭いし、衣装から振付からMV演出から、なんでもかんでも「口を出さなくては気が済まない」というふうに捉えてみると確かに大変そうです。あ、ごめんなさい、これ全部想像で一般論をいってますから違ってたらごめんなさい。でも、日本でもそうだけど、こういうタイプの仕事人というのは、うまくいってる時、つまり、そのイメージが当たってて爆発的に売れてる時はいいけれど、ちょっとそれを外した時とか、売れ行きがよくなかった時とか、あるいは、何作も何年も続けすぎてマンネリしちゃった時とか、グループ事務所側も「ちょっともう先生とことはしばらく距離を・・・」という気持ちになりがち。
なぜなら、SWEETUNEは、経営者でなくクリエイター。視聴者のマーケティングに長けているわけでも(そもそもしてないと思う)イメチェンの必要性を感じる人たちでもなく、当初の「このグループには絶対こういうイメージが似合う!」という、いわば「ピンときた!」というクリエィティブ勘? だけを頼みに、ずっとそれを全うしようとするタイプだと思うので。イメチェンなしでは、とても長期的に王者でいることは難しいのに。


というわけで、黄金期には、
KARA,Infiniteをはじめ、Rainbow,NineMuses、Boyfriend,SPICA など多くのグループの全面プロデユースを担当、そりゃもうすごい勢いでヒットを飛ばしてたけれど、徐々に皆さん、違う作曲家にオファーしたり、活動しなくなってきたりして、ぐっと減りました。
折も折、14年末には、イ・ジュヒョン、ファン・ヒョン、G-Highの3人さんがSWEETUNEを脱退し、MonoTreeという新しい音楽制作チームを起ち上げちゃって。多分、ハン・ジェホさんとかより5~6歳年下なんじゃないかと思いますが、別に喧嘩別れしたわけじゃなくて、もっと海外からの仕事やスタッフと仕事しやすい会社を作りたかったみたいです。
MonoTreeは作ったけれど、SWEETUNE時代から一緒に仕事してて、仕事ぶりを見てきてるので、そりゃ曲調は似ています。傾向も似ています。なんというか、音の厚さとか、派手なブラスセクションの多用とか、大サビには必ず音引きを長くする特長とか、「キモ」の作り方や、ドラマティック、エモーショナルが大好きとか、イントロにはインパクトあるリフをまずのせがち、とか。ひとことでいうと、やっぱり歌謡曲なんですよね。80年代日本ではやってたような。ちょっと懐かしいJ-POP感。そして特に、バラードでもハイテンポでも、追い立てるような「疾走感」がそっくりです。煽り方のクセが双方すごい。しらんけど。
なので、当然、SWEETUNEが好きな人は、MonoTreeも好きなのです。当然、私も好きです。もう一人のゆうと君がいるON/OFFが遂にデビューしましたが、MonoTree担当らしくって、これまたいい曲ですごく嬉しいです。やっぱり好きですね両方。


でも。
でもしかし。どうやら、MonoTreeさんとこは、全面的にそのグループをプロデユースするということは、してないみたいなのです。(してたらごめんなさい)単純に、よい曲を作り、よいグループに提供し、よい成果を出し、それをよく循環させる、というビジネス発想に特化した会社を目指してるらしいので、「このグループのこの子たちは、かっこいいオッパより、隣のかわいい幼馴染が無理して大人ぷってるイメージの方が、絶対似合うってば!それで行かなきゃ!」みたいなことには、全然興味ないみたいなのです。(あったらごめんなさい)
設立以来、Stellar姐さんをはじめ、EXO(MyAnswer),SJ(Majic)とか、あちこちでいいアルバム曲をたくさん提供しているMonoTreeさんですが、単純に楽曲だけのオファーをうけて提供する姿勢、それはそれで結構なことなのですが、

やっぱり、私は、SWEETUNE全面プロデユースのグループ活動をみて、また興奮してみたいっ!!
という思いが捨てきれません。

そういうわけで、
2014年くらいから、ぐっとその仕事ぷりをお見かけしなくなったSWEETUNEさん(いややってはおられると思います)が、ここんとこ、ずっと請け負ってらっしゃるのが、ROMEO、そして、SNUPER です!!
が、ROMEOがこれまた、発足する当時から、日本のポニーキャニオン(フジサンケイグループ)が一枚かんでて、それなのに、日本デビューはぐっと遅れてごく最近、とよくわからない戦略で、大体ここのグループコンセプト自体が微妙すぎて私の手に負えない(でも悪くないとは思う)ので、
ここは、ひとつ、SNUPER一本で、応援してみたい。 と思ったわけなんです。

b0296300_14094347.jpg


ちなみに、参考までに、SWEETUNE(多分、グループコンセプト決めてるのはハンさん1人じゃないかと思っている)が絶世期に決めてたグループコンセプトを紹介させて下さい。

KARAは、「カリスマ性などない、ちょっとダメっぽい、かわいい女の子」です。秀逸だと思いませんか? ギュリさん本人が日本で売れた際いってたけど、彼女たちは、少女時代とかワンガとかと違って、圧倒的に実力も根性も足りてなくていつもどこかそれを気にしているという話とシンクロしてる、すごく印象深い話です。本人たちのそういう境地を見抜き(実際デビューした時は歌もダンスもすごく下手でプロっぽくない女子たちだったらしい)ハンさんの「思わず頭を撫でたくなるような、もうダメだなーーかわいいなーーこいつ」(私の解釈入ってます)というイメージで売るべき!」というコンセプトは大当たりだったな!!!と7年たった今でもぞくぞくします!
一方、Infiniteの方は、ズバリ「執着」でした。
すごくないですか!? 私は全く韓国語できないのですが、その私にも、彼らの曲が、そして恐ろしいことにその振付からも、その顔からも、総合で「この子達、ものすごい執着~~いつも粘ってる~~」というのが、当時からちゃんと伝わってましたから。狙いどおり。すごい。
そうなんです、KARAもピニも、曲も詞はもちろん、特に衣装と振付が全部一貫してるイメージでいいんです。スタッフは面倒臭いかもしれませんが、やっぱりこちら(てか私)は、最高でした。わかってもらえるか微妙ですけど、KARAもピニも素晴らしい!大好き!といいながら、どこか私は「大爆笑してる」んです! どうしても笑う。最低でもニヤニヤしちゃう、今でもたまに見ると絶対にやにやする。バカにしてるわけじゃないんです。なんていうかな。もう笑うしかないくらい、その創り上げた世界が完璧で、いうなれば、行き過ぎた箱庭感が完璧すぎて「もうここまでやられたら笑っちゃうよ~~もう勘弁してぇ」的なアレです。そこまでやってくれる人ほかにいませんから。そして、多分、私は、手を叩いて爆笑しちゃうSWEETUNEのセンスが、生きていくのに必須なんです(大げさか)。求ム。爆笑ハコニワアイドルグループ。


話戻りまして、SNUPERというグループもまた、SWEETUNE的な全面的なこだわり指南があちこちに表れてる気がします。
今回は、一体、どんなループコンセプトなんでしょう。言葉を教えてほしい。。。私も言葉を言い当てられないけれど、なんか。なにかわかるような気がします! うん、わかるよ!

今時すぬぽは、デビューからずっと「まったく同色同デザインのスーツ」とか「まったく同じ白シャツに黒皮パン」だったり、しかも昔のアイドル然とした古びた衣装が多いんです。新人演歌歌手かってくらいなんですが、それでこそSWEETUNE流。たまりません(新曲は初めて流行にのったワイドパンツ、そして皆別々)。顔も(初見は)特に変わった子がいないし、身長もほぼ180㎝前後で見分けがつかないんです。ついでにいうと、性格的にも行動的にも、極端な人が1人もいない。あまりに普通の人たちなので、そんなに身長が高いこともいわれてもわからないくらいです。
この「なんとも凡庸な感じ」「薬にも毒にもならない平凡性」加えて「ちょっとヘタレ?感なの?」というとこが! とてもいい!
ピニもずっとそうだったじゃないですか。今から思えば、あれだけクセの強いメンバーだらけなのに、当初なぜか凡庸な人たちというイメージだったし(あれ私だけかな)。あれだな、目立つ個性を嫌うんですねハン先生。制服みたいなの大好きだし。逆に、そういう見せ方で舞台あげてくるところに、すごい可能性を感じている私です。
そういえば、ボーカルの声の出し方から、、フォーメーション(必ず全員よく見えるようにしてる)振付(言葉の長さにあわせてフリの長さ短さをあわせる)というのも、ピニの時と何かと似てる。それくらい、ハンさんが(もうハンさん決め打ち!)すぬぽのプロデユースにのりにのってると理解しておきたいところです。
当然、楽曲も粒ぞろい。久々の気合の強さを感じざるをえないんですけど、なぜ、もっとどっかーーんといかないのか。
デビューからよかったけど、去年秋のIt's rainingから始まって、今年はずっといい曲揃い。このたびのStars,なんて、SweetuneのSweetuneらしさが信じられないくらい炸裂してるので、ぜひ、振り付けと共に、みんなに見て頂きたいなあ。絶対いいから。別に、第二のピニにならなくてもいいし、なる必要もないけれど、とにかく、もっともっともっと売れて欲しいんですよね。みんなのために。


あのね。なんか、ですね。余計な思惑でしょうが、
外国曲ばかり買い付けて、それがそこそこヒットしたって、なんかこう面白くないじゃないですか。それでいいですかっちゅう話ですよ。世界的な音楽的流行もあるでしょうし、コストとか時間とかいろいろアイドル事業も大変なんでしょうが、(韓国)国産の作曲家チームのことも、もっともっと盛り上げていきましょうよ。それこそ、K-POPじゃないですか。
って、私がよその国のことをとやかくいう資格はありませんが、でも、私自身は、SWEETUNEやMonoTreeだけじゃなくて、某兄弟とか、某横蹴りとかKnzieオンニまで、いろいろ、韓国人作曲家さんが作る楽曲やそれを歌い踊るアイドルたちが、とても好きです。そういうのに特にK-POPを感じます。
どうなんでしょう。


すぬぽ。もっともっと売れますように。まずはそこからだ。



※現在、SWEETUNEは、作曲家作詞家エンジニアなどが所属し、全員で11人いるということです。



[PR]
トラックバックURL : http://temuo.exblog.jp/tb/27041875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ at 2017-08-12 04:34 x
こんばんは。夜分にすみません!以前よりこちらのブログを面白く拝見しておりました。
元インスピリットとして、このタイトルにとっっっても惹かれました!!私もすぬぽは全くわからず、何ならsweetuneプロデュースということすら知りませんでしたが(コラ)、なるほど、端々にプロデュース色が強く出たグループとお見受けしました!
今は3代事務所がトレンド最先端の音楽をやったり、防弾少年団やセブチがバチクソカッコいい音楽を自分で作ったりと、カッコいい音が溢れてますよね。でも、ピニやKARAが売れてたあの頃の音が好きで、こういう音もいいと思ってもらいたいなーと思ってます(年取ったのかなぁ)。
つい最近デビューしたWeki Mekiちゃんたちのアルバムの2-3曲めにsweetuneプロデュース曲が入ってて、ちょっと懐かしくなってしまいました。
Commented by temuo at 2017-08-12 20:09
ひろ様。

こんにちわ。コメント有難うございました。
ずっと思っていたことだけに長い長い文章になってしまったんですが、全部読んで下さっただけでも本当に嬉しいです有難うございます! 元インスピリットとか、あ、今も好きだという方にも、すぬぽの曲を一度でいいから見てほしい!聞いてほしい!思いでいっぱいです!
 たしかに、今流行っているのも売れているのも、かっちょいサウンドでそれはそれで嫌いじゃないんですけど、特に私たち日本人の耳と心には、J-POPとか歌謡曲、もっといえば、演歌などのベースがあるはずなので、絶対SWEETUNEは好きなはずだと思うんです。全部なくなるときっとつまんなくなると思うんですけど・・・。私も、年のせいかしらと思ってた時期があったんですけど、いやいやいや、私自身は年取ったとかババァ的センスどころか、もっともっとずっと年代が上ですから!かえって年齢は関係ないのでは、と思うようになってきたのです。あと何年か、十何年か?すれば、きっと揺り戻しがくると信じたいなぁ。だって、今見ても、ピニの一連のMVはとてもいい!ですからねえ。

WekiMekiちゃんのアルバム、まだ聞いてないんですけど、SWEETUNEクレジットあるの見たときは、さすがに興奮しました! グループプロデユースはしなくても、こういう注目度の高いグループに曲提供してくれるのだけでもファンとしては嬉しいです!ファンタジオさん、それでなくても好きなのに、ますます(私の中で)株があがってしまいました。WekiMekiちゃんも頑張ってほしいです!
有難うございました。
Commented at 2017-08-22 11:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by temuo at 2017-08-23 14:28
鍵さま。

ひゃーお久しぶりです!コメント有難うございます!
ビックリですっ!私2010年に放映されたそのドキュメント番組ばっちりリアタイ視聴してるんです!しかも偶然! ちょうど、その年の夏に少女時代が初の日本SCを行って、NHKニュースのトップを飾った、その秋ぐらいだったと思います、あれを見てぐっと興味を持ったのでした私。池上さんの方もたしか見たはずなんですが、アッサリしててあまり記憶になくって。だけど、NHKのは私がKぽを聞きはじめるきっかけになったといっていいドキュメンタリーです!ぴにの面々も映ってましたよね!(その時は誰だか全く知らなかったけど) あの時、ハン氏、はっきり安全地帯の名を出してたし、80年代J-POPの影響を強く受けたことを自ら喋ってたのに、韓国のマスコミでは、今でも「K-POP作曲家が日本J-POPの影響を色濃く受けているという認識は、日本側がそういうふうに思いたいだけの捏造された認識であって、全くそうではない」とされていて「なんでやねんハンさん自分でいうとったがな」といまだ驚きます。生け花からJ-POPに至るまで、韓国のそういうとこがなんというか躍起になりすぎていて・・気持ちはわかるけど、なんとかならんかなぁと思います。まあ、国がなんといおうが、ハンさんの作る曲を聞けば影響受けてることは一目瞭然なのでいいんですけどね。
まさか、あの番組のことで声をかけて下さる方がいるとは!とっても驚きました、そして嬉しいです!!
SWEETUNEさん、ここんとこ仕事量を減らしてらっしゃるのかあまり効かなくなったなあと思っていたところ、すぬぽの新曲が思いの外よかったので、これはもう応援するしかないと記事を書いてみました!ぜひぜひ!聞いてみて下さい。捨て曲があまりないです。ちなみに、あれからメンバーのこともどんどんかわいくなってとっても愛着が湧いてきました!
ご親切に場所、教えてくれて有難うございました!見ます見ます!今みるとまたいろんなこと思うんだろうな~~。楽しみ!
Commented by temuo at 2017-08-23 14:55
↑続き

プデユはですね、私1も2も全然見てなかったので、お恥ずかしながら、絶賛乗り遅れ中ですっ! 放映中ずっと「えーとね、11人決まったら教えてくれる?」というスタンスでいたので、いざ、8月にデビューしてから、毎日毎夜まあ忙しいのなんのって!(自業自得)全然追いついてません。すみません。
11人はもちろん、ソロデビューする子(した子)、ユニットでデビューする子、タレントとしてひっぱりだこの子、と昨日までヒマだった子たちに多くの仕事を供給しまくったあの番組の意義自体が素晴らしいです。(その分既存のグループが割をくってるわけですが)JBJ飛び越してRAINZが先にデビューしそうと聞きかじりましたが、正直まだ11人以外のメンバーの顔と名前まで追いついてない状況です!なので先生など到底わからず、、すみません。勉強します。
これだけ大旋風になってしまうと、来春の女子版SEASON3に出るべく、今まさに、韓国の中小事務所(大手ではなく)の練習生に潜り込む日本人女子がわんさかいるんだろうなあと思います。練習期間がどんなに短くても全然デメリットにならないってことがよくわかったんだし、大手じゃなくて弱小事務所ってすぐ入れそうだしチャンスありますよね。。ぷでゆだけじゃなくって、THE UNITとかSIXTEENとかまだまだ大型サバイバルが続くけど、あの、どうせ私は見ないんだけど(結局面倒なので)みんな飽きないのかなあと、思ったり。でも面白いとは思うザユニットなんて絶対どろどろしたドラマいっぱい見れそうだもんねえ韓国人好きそう。

ということで、WANNAONEだと、今はデフィの流暢な関西弁と英語にやられています(それだけという話もある)し、ソンウンの妙に明るいところが気になるし、最近はジフンの、顔以外は結構ずんぐりむっくりで「この人本当に努力だけの人なんだ・・・」という意外性とか、わりとドン臭かったり、運も悪かったり、という恵まれてなさにぐっときたりしています。
ほんとすごいことになってしまいましたね。情報難民の私に、この話題触れて下さって本当に有難うございました。またいろいろ教えて下さい。

Commented by temuo at 2017-08-23 14:58
↑続きの続き。

忘れてました。当然、群馬の星(私自身は別に群馬になんのゆかりも縁もない)タカダケンタ君のことは、全力で応援しています。いろんな日本人が韓国でデビューしてるけど、ちょっとニュータイプ?ですよね。なんか、いろんなことが違ってて楽しみです。
Commented at 2017-08-23 20:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by weixiao214 at 2017-08-26 15:58
りりぃです、こんにちは。
SNUPERはキャニオンが一枚噛んでいるのですね。ふふっ、良い後ろ楯ですね。今はポニーキャニオンコリアがありますしB1A4は日韓ともに最近までキャニオンからアルバムやシングル発売してましたしチャン・グンソクさんやバンタン、SHU-Iあたりも日本ではポニーキャニオンから出したりしていましたよね。
SNUPERは日韓ハーフの子がいるようですね。今は純日本人のメンバーがいるグループが人気ですけど、日韓ハーフの子がいるグループも結構いて嬉しいですよね。
Commented by weixiao214 at 2017-08-26 16:00
りりぃ、続きです

こちらのコメ欄、何やらプデュ2の話題で盛り上がっておりますねっ。
プデュ2に出てたイェヒョン君はSNUPERと同事務所で追加メンバー候補だったそうですが、番組終了後に事務所を辞めてしまったので白紙になったみたいです。でも円満退社だったようです。
JBJのテドンくんは事務所と揉めていてそれが拗れていて事態収拾していないとか…。
えっ、プデュ女子版またやるんですか?今回の男子版は出来レースっぽいと感じていたのですが…(以下略)何だかんだ、はまっていたので、プデュ女子版の(1)は全く観ていないのでプデュ女子版(2)観てみようと思います。
K-POP男子アイドルはちょっと素顔が見えるようで見えないのがもどかしかったので、プデュ2は画期的番組でしたね。リーダーシップを積極的にしていた割には脱落した他の練習生がバラエティーに出てプデュの思い出話した時に誰にも名前出してもらえなかったり、ワナワンになってリーダーシップとっても誰にも懐いて貰えない子がいたり,編集で問題児扱いされていた子が実際は純粋で可愛い男子だったり。だから悪魔の編集とか言われて。
そう思うと分量が少ないと日本や韓国の方だけでなく色々な海外の視聴者さんに言われて、トレーナーの先生達には良い子だと褒められていた、タカダケンタ君は凄かったです。分量が少なくてもこれだけ注目されて、彼の努力あってのものだと思います。単独ファンミまで出来たようで。
確かにタカダケンタ君はニュータイプですね。成功したオタクとまで言われる位K-POPヲタで、K-POPダンスカバーユニットのがらがら蛇のメンバーをやってて、地下アイドルみたいなものでしょうか。芸事の走りみたいな事をしていたせいか、こなれていますよね。他のK-POPアイドルの日本人の子は何となくK-POPが好きで憧れていて、運良く渡韓してデビューだったのに対し、Kぽ愛が凄いケンタ君は神風を吹かす人に成得るかも?
長くなりました、すみません。それでは、またおじゃまします((((((>・・>)
Commented by temuo at 2017-08-28 16:12
りりぃさま。

わーー、こちらにもコメント本当に有難うございます!
ポニキャニなのは、ROMEOです。すぬぽは違ってたはず・・私は、日本側マネジメント事務所や日本のレコード会社があまり知らなくて、てか、韓国のアイドルの日本活動に全然興味がないのでいつまでたっても知識が増えないんですけど、結構、それによっていろいろ面白いこととか面白くない事とかたくさんあるみたいですね。どうせ日本活動するなら売れた方がいいに決まってますから、皆さんいい事務所でいいレーベルと契約できるといいですね(ひとごとモードですみません)。
プデユも、全然見てなかった私からしてみれば、客観的にしか映らないんですけど、最近は逆にそれが面白いと思うようになってきました!なんかいろいろ面白い。。。。プデユ3は、早くから「やる事前提」で話されてる気がするのでやるんじゃないですかね。その次の4もやるような話ですが、そっちの方はさすがに今からはわからないですよね。もうここまできたら、とことんたくさんやってみればいいんじゃないかと思いますけど。面白いから(これまたひとごとモード)。あれって、アイドル業界というより、テレビ制作側から考えてみた方がずっと面白いトピックなんだと思うんですよね。
タカダケンタ君は、いろんな意味で危なっかしいニュータイプですよねえ。もう感心しちゃう。どっちにしても、すごく頭の悪いふうを装っておきながら、実はそこまで頭悪くないってところが微妙で、だからといって頭が切れるのかっていうと、う~~ん、って感じがすごくいいです!!ほめてます!!そしてそこが危なっかしいとこでもあるんだなあ。根っからの芸人さん向きなんですよ彼は。好きで好きで好きで!の気持ちだけであそこまで頑張ってきた人、どうしても応援しちゃいますよね!!!こちらこそ、いろいろ有難うございました!いつも本当にたくさん有難うございます!
名前
URL
削除用パスワード
by temuo | 2017-08-10 16:59 | Trackback | Comments(10)

K-POP記事は、http://temuo.hatenablog.jp/ の方に移りました。


by temuo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31